本文へスキップ

法人税、所得税、消費税、簿記会計の質疑応答集 松原正幸税理士事務所

TEL. 090-4244-1936

〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1-518
まずはメールから matu-hp15@matubara.jp

所得税の質疑応答集Q&A

所得税に関する質疑応答集です。所得には9つの種類、そして様々な控除があります。注意が必要です。
質疑応答集に戻る
 1

所得の違いによる質疑応答集。そしてその所得計算の際に必要な控除の質疑応答です。
各所得や必要事項をクリックして内容を見てください。


利子所得  銀行等の預金に対する利息に対する所得区分です・・基本的に申告不要。

給与所得  給料に対する所得区分です。基本的には年末調整で確定します。

不動産所得 家賃収入が当てはまります。規模により税金の考え方が変わります。

譲渡所得  自分の物を売ったときにかかる税金。所有期間やその他状況で変化します。

配当所得  配当にかかる税金です。配当に対しては配当控除というものがあります。

退職所得  会社を辞めた時などにもらう退職金等に対する区分です。
      勤務期間が影響します。

一時所得  保険の満期金などが身近かと。一時限りの収入に対する税区分です。

事業所得  個人が営んでいる事業から生ずる収入に対する区分です。届け出重要 
更新

雑所得   他の所得区分に入らないもの。年金や臨時の原稿料や講演料等。


以下は所得税における基本的な控除の種類です。内容を確認して適用させるのが大事です。

基礎控除  誰でもこの控除はあります。なにもしなくともこの控除つき。

社保控除  社会保険料を支払っている場合に使う控除。払っていなければ論外。

生保控除  生命保険を支払っている場合に使える控除。証明書が必要。

地震控除  地震保険を支払っている場合に使える控除。証明書が必要。

障害者控除 障害のあることが条件を満たしている場合に控除。現況と確認が大事。 

扶養控除  親族を扶養している場合に適用される控除。現状が重要。

老人控除  限定はされましたが、まだいくらか残っています。


バナースペース