本文へスキップ

青色申告とは?  所得税の質疑応答集 松原正幸税理士事務所

TEL. 090-4244-1936

〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1-518

青色申告とは? 所得税の質疑応答集Q&A

所得税質疑応答集に戻る

事業所得について

キチンと期日を守って、かつ社会のルールをまもって真面目に申告をすると誓うと税金が安くなる
非常に単純な書き方ですが、それ以外特にはない制度です。
他の所得と違って計算書に貸借対照表をつけるとその控除額も増加するという非常にお得な制度です。

基本的にはその計算書の所得から10万円を引いてそ引いた後に金額に他の基礎的な控除を申告書を引いて
と、いう流れの制度です。
それではなかなかやる人もいないだろうということで、貸借対照表をつけるとその控除も増加するという制度です。
今年は65万円の控除になっています。
ただし、さ来年平成32年度からはe-taxでの電子申告をした場合は65万円となっていきます。
まあ、適度にコンピュータをつかえて設備を持っているか、とうことになっていきそうです。
ただし将来はその帳簿も電子帳簿でということになるので、イマイチ抵抗があるケースですと大変です。
なにかしら設備のあるところで・・これが難しくなるのが電子帳簿ということになっていくのでしょう。
このあたりは人の気分次第ということなのかとは思います。
なんであれe-taxを使うと税金が安くなるということのアピールなのでしょうね。

まずは届出が先、そして真面目に記帳をする。できるようになったら、貸借対照表を覚える。
そして何気にpcで通信で申告をする。・・・・・うーむその時のテクノロジーと抵抗感が境目なのだろうね。

まあ人の好きずきなのか、それとも気楽さはどちらにあるのだ?の自分自身の解答で決定が普通になるのでしょうね。

申告のためにpc設備に他もろもろでのストレスと、それは簡単さ余裕と考える人で、どうなっていくのだろうか?
まあ、お気軽ご気楽にできるようにあは再来年はしてくれているということなのでしょう、きっと。

すみません、愚痴とぼやきのページですね、これでは(笑)
参考のリンク
国税庁 所得税の青色申告の承認申請書・・・まずは帳簿をつけるが大事。無理があればソフトの利用か代理人起用
    注意・・・・所得税(個人)法人税(会社等の組織)ではその申請書が違いますので気を付けてください。

現金主義での経理希望の場合・・・領収書や通帳のお金の流れだけで経理をしたい人用(ただし制限があります)
    所得税の青色申告承認申請書(兼)現金主義の所得計算による旨の届出書
    

バナースペース

松原正幸税理士事務所

〒162-0842
東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1-518

固定  03-3268-3138
携帯 090-4244-1936