本文へスキップ

入金伝票とその書き方 簿記会計の質疑応答集 松原正幸税理士事務所

TEL. 090-4244-1936

〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1-518

第1回 入金伝票とその書き方 簿記会計の質疑応答集

簿記会計質疑応答集索引に戻る

伝票の種類

最近はパソコン会計が主流であり伝票など書くことはないということが増えているかも知れません。ただしこれが基本です。パソコンソフトでも入力の際には伝票型式で入れるソフトも多く、簿記からは決してなくなるようなことはないと考えてください。また間違いを防ぐための定型の形での会計処理もできますので先人の知恵といったところでしょう。そこでここでは簡単にその種類と書き方をまとめてみました。

入金伝票


現金で入金があった場合に用いることが多い伝票です。決めごととして入金は赤の枠組みで作られています。これにはどこからもしくはどういう意味での入金かを記載します。そしてその内容についての記載をします。
 例は普通預金からお金を引き出した時のものです。会社で使っている勘定科目とその相手先銀行を記載するという表現になっています。伝票番号は番号に抜けがないようにします。(不正防止のため)そしてその行為を行った日付けを記載します。またその相手先を記載します。これが売上であれば売上先の名前を記載します。
これが基本になります。

下の例は入金伝票を使い普通預金から現金出納帳に現金をいれた時の例です。
入金伝票 No.
 平成  年 月  日  


勘定科目 摘要 金額
合      計
              
入金伝票 No.1001
 平成22年5月16日  
普通預金

神楽坂銀行市ヶ谷支店
勘定科目 摘要 金額
普通預金 預金引き出し 1,000,000
合      計 1,000,000
上の例では普通預金から100万円を引き出した時です。現金へ入れた相手を記載します。
入金の場合の相手は実際の相手、その入金をした相手であって勘定科目である必要はないです。
たとえばこれが売上であればその売上の相手の名前を記載します。
下の横並びで3つのマスには左から勘定科目、摘要、金額でそのままの記載になります。
勘定科目についてはその勘定となります。勘定科目の種類で確認してみてください。
摘要はなぜ入金したのかその理由を記載します。上は普通預金から引き出し現金出納帳にいれたからです。
金額はその金額そのままで必ずお互い(この場合は現金と普通預金の金額が一致する必要があります。
預金からいろいろな目的の種類のものを引き出した場合は一致しませんが他の伝票を足した場合
必ず一致する必要があります。差額が出た場合は不明金ですので調査する必要があります

簿記上の仕訳
簿記上の仕訳は二種類できることになりますがここではあくまでの最も簡易な方法を選択します。
(現金) 1,000,000 (普通預金)1,000,000   預金引き出し

最後の預金から引き出しというのは伝票上の摘要と同じになります。

バナースペース

松原正幸税理士事務所

〒162-0842
東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1-518

固定  03-3268-3138
携帯 090-4244-1936