本文へスキップ

新宿区市ヶ谷、神楽坂、飯田橋本拠の松原正幸税理士事務所 法人税、所得税、消費税、簿記会計など事業に係るご相談はご相談はお気軽に!

配偶者控除SERVICE&PRODUCTS

所得税控除に戻るQ&A

配偶者がいる場合の控除。

そのための控除です。ただし条件がつきます。
その条件を満たしている場合のみ認められるます。
   
大前提
納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下
超える場合はこの配偶者控除は受けられません。

この場合の配偶者として認められるには
控除対象配偶者といいますが
以下の条件のすべてに当てはまる人になります。
@民法規定による配偶者であること。
 (内縁関係の人は認められません。)
A納税者と必ず生計を一にしていること。
B年間の合計所得金額が38万円以下
 平成2年分以降は48万円以下であること。
C事業専従者として年を通じて1度も給与支払なし。
 これは青であれ白であれ給与があるときはダメです
 他から給与を受けている場合はB適用検討をするこ とになります。
配偶者控除額は納税者の所得で変わります。
要注意です
または他の要因でも変わります。
配偶者の年齢で老人控除対象者の場合
その年12月31日現在の年齢が70歳以上の人
配偶者の年齢、生年月日の確認が重要です。

控除額
納税者本人の合計所得金額で違います。 
納税者合計所得金額 一般の控除対象配偶者
900万円以下 38万円
900万円超950万円以下 26万円
950万円超1,000万円以下 13万円
  配偶者が老人控除配偶者の場合は
  上の表が下の表なります。
納税者合計所得金額 老人控除対象配偶者
900万円以下 48万円
900万円超950万円以下 32万円
950万円超1,000万円以下 16万円
  とにかくは年齢確認が大事です。 
  配偶者控除の適用がなくても、 
  条件によっては配偶者特別控除を受けることができます。
  これもまた要注意です。