本文へスキップ

交通費の考え方2 精算書 第35回 簿記会計の質疑応答集 松原正幸税理士事務所

TEL. 090-4244-1936

〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1-518
まずはメールから matu-hp15@matubara.jp

第35回 交通費の考え方2 精算書 簿記会計の質疑応答集

簿記会計質疑応答集索引に戻る

交通費の考え方2 精算書での決済
交通費について精算書を作成する
事務所、会社組織にはいろいろあるかとは思います。
交通費精算は絶対に必要なものになっていきまます。
最近は特にパスモなどのカード決済があります。
要注意は出金記録だけでは経費化できないということです。
チャージ段階の領収書は現金を入金しただけ
要するに現金が違う現金になったということにすぎません。
これを経費化するために必要なものが精算書やパスモなどのものを、
現金として取扱い現金から出金という形にしていきます。
要するにパスモなどへの支出は小口現金や現金になった=仕訳しない
と、いうようにするというのも一つの手段ということになっていきます。
これをするには常にパスモなどの残高を押さえていく必要があるので
かなり大変なことになってしまいます。
そこで精算書の作成となっていきます。
仕様は自由です。いつ、どこに、何故に・・・そういう情報とともに
記帳していくことができれば問題なしです。
精算書の事例を下に記載しておきます。簡単にわかれば大丈夫です。
精算書                               株式会社ベイアニマル御中
2019年10月31日           松原正幸分    
日付  行き先  経路  金額  目的 
 10月1日  東京法務局 市ヶ谷-飯田橋-九段下  165  謄本取得 
 10月1日 A株式会社  九段下-日本橋  165  打ち合わせ 
 10月1日 事務所  日本橋-市ヶ谷 195  帰社 
 10月2日 有限会社D  市ヶ谷-渋谷-横浜  465  打ち合わせ 
 10月2日 株式会社F  横浜-関内  130  打ち合わせ 
 10月2日 T株式会社 関内-横浜-品川  440  打ち合わせ 
 10月2日 事務所  白金台-市ヶ谷  210  帰社 
 合計     1,770  精算 
仮に10月1日、2日の2日分を精算した場合で作成しています。
精算をいつするのかの規則を作っておき、それをそのとおりに精算します。
毎日でも大丈夫ですし、週に1回、月に1回とかでも大丈夫です。
決められた通りに行い、必ずその金額を出金し支払うとなります。
このとおりというわけではなく、こういった流れでかまわないとお考えください。ない場合は経費が計上できなくなる・・・税務否認をされる、と、いうことにつながりますので用心が必要です。
 

バナースペース

松原正幸税理士事務所

〒162-0842
東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1-518

電話 090-4244-1936