本文へスキップ

東京都新宿区市ヶ谷、神楽坂、飯田橋を拠点にする松原正幸税理士事務所

報酬一覧表。特別料金規定。HEADLINE

報酬一覧表ページに戻る

特別報酬規程 法人及び個人事業の方

特別料金規定とは?・・・・・・・・・
これは基本は新規開業の方向けの制度になります。
あくまでも年商についてまだ目途が立たないケースが基本です。
会社を始めたが・・・・というケースだとお考えいただくのが正解かと思います。
こちらはまずはご連絡をください。
内容を検討した上でお打ち合わせをして状況確認の上ということになります。
既に開業したが・・新規開業と大きな差がない場合は同じ形で受けられます。
とにかくは次の2種類をご確認ください。
1.新規開業の方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  基本は開業から5年間だけになります。それ以後は基本的に基本契約方法です。
  ただしその期間内でも年商が伸び業務量が大幅にへ変化した場合には、
  料金見直しもしくは通常契約にかわります。
  逆に5年過ぎても大きく業務量に差がない場合は継続契約も可能です。
  
2.既に開業している場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  状況を説明していただきその上での判断になります。
  新規開業と同様の状況であると判断できる場合は1の扱いができます。

個人の確定申告のみの方で
消費税の課税業者ではない

「確定申告のみ」

基本的に38,500円でお受けいたします。ただしファイリングであったり、何か区分しながら袋に入れてあるの工夫はお願いします。通帳のコピー、請求書などはまとめておいてください。
ただし領収書に関してはこちらの指示に従っていただきますのでご注意ください。
税法遵守が原則になりますが、分からない場合は事前にご相談ください。
後はメールでご相談ください。2月中旬までの受付けになりますのでご注意ください。

法人の確定申告のみの方で
消費税の課税業者ではない

「確定申告のみ」
基本的に55,000円でお受けいたします。ただしファイリングであったり、何か区分しながら袋に入れてあるの工夫はお願いします。通帳のコピー、請求書などはまとめておいてください。
ただし領収書に関してはこちらの指示に従っていただきますのでご注意ください。
税法遵守が原則になりますが、分からない場合は事前にご相談ください。
法人の場合、個人と違う部分がどうしても出ます。
必ず不明な部分は質問をしてください。
特に差額請求をすることはしません。円滑な人間関係を重視します。


162-0842
東京都新宿区市谷砂土原町3-
4-1-518
090-4244-1936
まずはメールから
matu-hp15@matubara.jp

最新更新日2020年7月31日