本文へスキップ

新宿区市ヶ谷、神楽坂、飯田橋本拠の松原正幸税理士事務所 法人税、所得税、消費税、簿記会計など事業に係るご相談はご相談はお気軽に!

事業所得について 所得税の質疑応答集SERVICE&PRODUCTS

質疑応答集Q&A

この所得が個人事業を行っている際の基本です。


青色申告なのか、白色申告なのか。
毎年3月15日の申告期限を守るために
帳簿の作成や経費の取り扱いが大事!
本当に基礎の所得計算と申告になっていきます。

所得税質疑応答集に戻る

事業所得質疑応答集に戻る

事業所得とは、その名前の通りのことです、
何かしらの事業をやっていて、そして儲かった利益が税の課税対象になるものです。事業からもう方利益だから事業所得ということです。
事業にもいろいろあるわけですが、この場合は他の所得に区分されているもの, 典型的なものとしては不動産所得などがありますが、不動産そのものを事業とする場合は
不動産を貸すような場合は不動産所得、
不動産を譲渡して所得という部分では譲渡所得という語りになります。
それ以外の場合で規模が商売といえる場合は事業所得として仕入からいったいいくら利益があがるのか? そういう感じでの計算をしていくことになっていきます。
事業はとにかくは何等かの商売をしているという部分が非常に重要視されます。
果たしてあなたの売上はどこからくるのか?
そして利益はどのようにして出しているのか?
ひたすらこの考えにのってい計算をしていくことになっていきます.
まずはいったい何をやって収益をあげていくのか? ここの部分が非常に大事になります。
仕入を伴うのか?なにかしらの業務の依頼に対してそれに対応した結果の収入なのか?
とにかくは商売をして利益をあげていくということが事業所得の基礎的な考え方になっていきます。  
個人の場合の事業所得はそのまま給与所得と意味を同じくするような部分もありますが
給与所得計算の際の給与所得控除額というものは事業者そのものには存在しません。 給与は経費の見込み計算をして所得を決めて税金が発生していくとなりますが
事業にはその経費の見込み計算(給与所得控除額)は存在しません。 現
実にかかった費用がという流れになってきますので、商売はよーく考えて行う必要がでます。
そう、弟子が一人前になって自分で事業を、で法人化しない場合が事業所得をいった感じだとお考えください。
そう、事業所得を出すのは簡単なことではないのです。商売に関しての原価や経費がはたしてを理解してから始めるというのが理想です。 面倒な場合に最初から法人というのも手段ですが、それはそれでまた大変な作業を伴います。 本業といえるものが何か?そこで何で儲けるのか?その考えがまとまってはじめて事業と考えください。 何気に始めて大きくならない場合は雑所得という形での取扱いになっていきます。 経費算入が非常に難しくなっていきます。 まずは商売で儲けるということをよーくかんがえてからが大事です。